メンタルヘルス
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

3,240円(税240円)

企業のメンタルヘルス担当者や大学の相談窓口、臨床心理オフィスなどでストレスチェックを兼ねて用いられているうつ病・抑うつ傾向用心理テストは、質問紙法と呼ばれるものです。しかし、今までの質問への選択回答方式では、評価の過程で受検者の意図的操作性を回避できないという側面がありました。PADDCは、受検者に簡単な鉛筆画と色彩の選択を依頼する方式のため、この不正確さがなく、信頼性の高い診断法です。マニュアルを熟読すれば心理学などの基礎知識がない職員など、誰にでも簡単に使えるツールです。

10,800円(税800円)

企業のメンタルヘルス担当者や大学の相談窓口、臨床心理オフィスなどでストレスチェックを兼ねて用いられているうつ病・抑うつ傾向用心理テストは、質問紙法と呼ばれるものです。しかし、今までの質問への選択回答方式では、評価の過程で受検者の意図的操作性を回避できないという側面がありました。PADDCは、受検者に簡単な鉛筆画と色彩の選択を依頼する方式のため、この不正確さがなく、信頼性の高い診断法です。マニュアルを熟読すれば心理学などの基礎知識がない職員など、誰にでも簡単に使えるツールです。

32,400円(税2,400円)

企業のメンタルヘルス担当者や大学の相談窓口、臨床心理オフィスなどでストレスチェックを兼ねて用いられているうつ病・抑うつ傾向用心理テストは、質問紙法と呼ばれるものです。しかし、今までの質問への選択回答方式では、評価の過程で受検者の意図的操作性を回避できないという側面がありました。PADDCは、受検者に簡単な鉛筆画と色彩の選択を依頼する方式のため、この不正確さがなく、信頼性の高い診断法です。マニュアルを熟読すれば心理学などの基礎知識がない職員など、誰にでも簡単に使えるツールです。

54,000円(税4,000円)

企業のメンタルヘルス担当者や大学の相談窓口、臨床心理オフィスなどでストレスチェックを兼ねて用いられているうつ病・抑うつ傾向用心理テストは、質問紙法と呼ばれるものです。しかし、今までの質問への選択回答方式では、評価の過程で受検者の意図的操作性を回避できないという側面がありました。PADDCは、受検者に簡単な鉛筆画と色彩の選択を依頼する方式のため、この不正確さがなく、信頼性の高い診断法です。マニュアルを熟読すれば心理学などの基礎知識がない職員など、誰にでも簡単に使えるツールです。

5,400円(税400円)

前のページ | 次のページ